Menu
Close 

      2017/02/03

大学でぼっち女だった私はトイレ飯!家に引きこもりたい衝動に駆られて

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2015年からビジネスを始め24歳の時に月収100万円を達成!その後収益は伸び続け年収も8桁を超える。得意分野は「仕組み作り」と「外注化」で人を雇ってネット上に資産を作って伸び伸び自由に暮らしている。2記事しか入っていないサイトから50万円以上の利益を得たり、1つのアフィリエイト商品を600万円ほど売ったりしている。普段はダラダラしているがたまに本気を出して1ヶ月で1000コンテンツを作ったりして仕組みから収益を得ている人。<<メルマガの中でノウハウも公開中>>
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

どうもこんにちは、ゆりです。
私は、大学で友達が少なくてぼっち飯もよくありました。

皆が楽しそうに友達とご飯を食べている中、
私は、一人でトイレに引きこもって
買ったコンビニのおにぎりをむしゃむしゃ食べていました…

というのも、

大学の食堂で一人で
ご飯を食べることに耐えられなかったんです。

「あいつ友達いないんだ〜〜。」
「かわいそうなやつ〜。」
とか思われるのが嫌で嫌で、嫌すぎて。

そんなことを思われるんだったら
死んだほうがマシ!!!

と、人の目が気になって気になって
食堂でぼっちでご飯を食べることに耐えられず…

ついにある時から、
トイレに引きこもってご飯を食べるようになりました。

トイレご飯が嫌で大学に行きたくなくなり引きこもりたくなる

そんなある日

テレビで「便所飯」という言葉を見て、
思わず目をそらしてしまいました。

(うわ、私のことじゃん。。。)

「便所飯」というキーワードが
ピンポイントに私の痛いところに刺さりました。

ぐさっとナイフで刺されるように、
それが痛くて苦しくて仕方なかった。

あまりにも
私の状況に当てはまっていたから、
ドキッとしました。

トイレで飯を食べているなんて、
恥ずかしくて誰にも言えません。

友達にも親にも兄弟にも、
誰にもバレたくない事実。

そんな私の隠し事を
テレビで公開暴露されるのです。

そりゃ、痛い。

(私も、そのかわいそうな子の一人だよ。)
って、泣きそうになっていました。

大学でぼっちが多く辛かったので、大学を休むようになった

私は、大学でぼっちの授業が多かった。

一人で教室に向かって
一人で授業を聞いて
一人で帰る。

これが当たり前で
友達と一度も会わない日が多かったです。

周りは大体友達と授業を受けています。
一緒に受けていてきゃっきゃしていて楽しそう。

ああ、羨ましい。
なんで、こんなに違うのかね。

だけど、
羨ましさを認められなかった私は、
べ、べつに違うし。

あえて、ぼっちで授業を取ってるだけだし。
私にも、友達いるし!

この授業はたまたま、
ともだちがいないだけだし!

って、本当は孤独で
寂しくて仕方がないのに
心の中で自分に言い訳をかましていました。

でも、本当は寂しくて、寂しくて。

なんで、私は大学に来ているんだっけ?
って、よく授業中に考えていました。

そして、大学に来ている意味がわからなくなって、
大学に行きたくなくなっていきました。

もう、大学寂しい。
めんどくさい。
行きたくない。

ああー、サボりたい。

そして、どんどん私は大学を休むようになりました。

そんな私は、なんとか。
ほんとうに単位ギリギリで卒業しました。

大学に行きたくないのは「居場所」がないから

私は、ぼっちが嫌で、
何度か大学をやめたいなぁ。
って考えたことがありましたが、

それでも大学を卒業できてよかった。
って心底思っています。

やっぱり、
何百万円もかけて大学に入って、
授業を受けさせてもらっていたので、
途中でやめるのは、後悔するなぁ。
って、思ったからです。

ですが、ぼっちの苦しみは痛いほどわかります。

引きこもりたくなる気持ち。
一人の孤独感。
友達のいないことの辛さは痛いほどわかる。

「居場所がない辛さ」

というのは、
それを感じたことがない人には、
わからない辛さです。

居場所があれば、それだけで救われる。

そんな経験をした
私だからこそ言えるのは、

ぼっちで友達がいなくて辛いなら、
私はブログを書くことをおすすめします。

ブログを書くと、
ぼっちで辛い日常から抜け出すことができます。

私は、ブログを始めたことをきっかけに、
外の世界にもう一つの居場所を作りました。

日常の世界で、
本音を言う場所がなかった私は、
ネット上に自分の本音を出していく場所を作ったのです。

リアルで話せないことを、
ネットを通して発信していったんです。

自分の経験とか、
自分の価値観とか、
自分の思いとか。

例えば、コミュ障で
悩んだ経験とかを書いたり、
アルバイトで馴染めなくて辛かった経験とかも書いています。

コミュ障で悩む大学生は○割?元コミュ障女が教えるコミュ力の鍛え方
コミュ障の治し方!元コミュ障が教えるシンプルな克服法

自分の本音をバンバン
ネットを通して発信していったんですよね。

そうしたら、あれまーー。
私のことを面白いです。
と、言ってくれる人が現れました。

ビックリしました。
ええええ!!!!
まじですかぁ。と。

コミュ障で辛かった経験とかを、
書いていただけですよ。

ですが、それが響く人もめちゃめちゃいた。

「それ、私です。」って言ってくれる、
読者さんからばしばしコメントが届くようになりました。

すると、

ああ、こうやって悩んでいたのって、
「私一人じゃなかったんだなぁ。」
って、心の重荷がスーーっと溶けていきました。

ああ、私だけじゃなかったんだ。
私だけが辛かったんじゃないんだ。

友達には言えない本音を発信していたら、
私の価値観と合う読者さんが増えていき、
コメントやメールを頂けるようになりました。

大学では、
私は一切本音を吐けなかったんです。

本音を出すには勇気がいりますからね。
だけど、私にはその勇気がなかった。

友達の前だと、
かっこつけちゃいました。

「トイレ飯とかウケる〜〜。」とかね。

実際私はトイレで飯を食っているにも関わらず、
それを言えずに、隠していました。

「ウケるんだけど〜。」
とか言って誤魔化していました。

本音を言えなかった。

ですが、
私はブログでは、友達には言えなかった
自分の本音をバンバン発信していきました。

だって、
ネットでは匿名で発信できちゃいます。
だから、バンバン本音を語っていったんです。

すると、みるみる読者さんが増えて、
自信がドンドン付いていきましたし、
居場所を感じられるようになりました。

私にも、興味を持ってもらえる要素がある。
認められた感じがしました。

「生きていていいんだよ」
と、言われている感じがしました。

「自分を隠さずに本音で喋っていいんだよ」
と、言われている感じがしました。

「ありのままの自分でいいんだよ」
と、言われている感じがしました。

そして、私の中にあった
心の鎧がポロポロ壊れていったんです。

自分の本音を書くようになったら、
気づいたら普段の日常生活の中でも、
友達と本音で喋れるようになっていました。

勇気を持って、
友達と腹を割って話せるようになったんです。

私にとっては、これがめっちゃよかった。

ブログが私を
「カウンセリング」してくれたんです。

辛かった日常から、
抜け出させてくれて、
友達と本音で喋れる自分に育てあげてくれました。

心の鎧を脱がせてくれました。

そして、私はブログをやったおかげで、
親密になれる友達ができていきました。

だから、私はぼっちの人にこそ、
ブログを本気でおすすめしたいんです。

カウンセリングして、
いい方向に導いてくれるから。

心の重荷を脱ぎ捨てることができます。

そうは言っても、
最初にブログを始めた理由は
「ゲス」なものでした。

私がなぜブログを始めたのかというと、
最初は「稼ぐ」ためでした。

ちょっとしたことをきっかけにして、
私は、「ブログは稼げる」ということを知り、
稼ぎたいと思ったんです。

そして私は、
新卒で入った会社を3ヶ月で辞めて、
ブログで飯を食べていくことに決めたんです。

というのも、

人間関係を築くのが苦手だった私は、
会社でも人と仲良くなることができずに、
辛く苦しい気持ちを抱いていたからです。

会社でも本音で喋ることができずに、
浮いていたんです。

だから、
とにかく会社に行くことが嫌すぎました。

会社に行くことが憂鬱でした。

会社で働くことが嫌すぎた私は、
どうにか「家でできる仕事はないものか?」
と、色々と探すようになったんです。

そこで見つけたのが、
アフィリエイターという職業でした。

私は大学を卒業してから、
アフィリエイターとして、ブログを作り
会社に通わずに、家で稼げるような
仕組みを作っていきました。

ブログを作って、
そこの広告を貼って、
その広告をクリックしてもらったら、
1クリックにつき「1円〜数百円入る」というもの。

私が最初に作ったブログでの、
最初の収益は32円でした。

誰かが1度、
広告をクリックしてくれたんです。
それで、32円が入りました。

それから、
どんどん私の収益は増え、

ブログから上がる収益は、
みるみる内に上がっていきました。

100円、1000円、10000万円
10万円、20万円、30万円….。

気づいたら会社でもらっていた、
給料よりも全然稼げるようになっていました。

新卒で入った会社は
23万円もらっていたのですが、
その3倍以上の収入を私はブログを通して
稼げるようになり、家から出ずに良くなりました。

そんな私は、
馴染めなかった会社に行かなくても
よくなってしまったのです。

ブログは会社に行かずに、
家で稼ぐことは可能にしてくれました。

だから私は、
大学時代からやっていたかったなぁって、
非常に思う限りです。

ブログが私にカウンセリングしてくれて、
コミュ障で本音を言えない性格を治してくれましたし、
オープンに心を開く練習をさせてくれた。

そして、会社に行かずに、
家で稼げるようにもなってしまった。

だから、
もし、私が大学時代に帰れるのであれば、
私は大学の教室にパソコンを持ち込んで、

そこで、ひたすら
ブログ作りに励みます。

本音でいいんです。
本音で。

私はコミュ障として生きてきた
22年間の経験を語ったら
それが役に立っちゃったんですよね。

私のようなコンプレックスを持っている人から、
メールが届くようになったし、
勇気を与えられるようになった。

そういうコンプレックスが、
実は、起業の世界では光輝く武器として生かせたりします。

コンプレックスも使いようなんです。

社会不適合的な面がある人の方が、
実は、完璧な人間よりも信頼されたりするし、
人の心を動かすことができたりします。

カリスマもかっこいいけど、
コンプレックスと向き合って、
それと向き合って戦っている人間もかっこいい。

自分のコンプレックスも場所を変えれば、
感謝される武器になる。

私は、コンプレックスを発信していたら、
コンプレックスが解消されちゃいました。

だから、言ったもん勝ちなんですよ。
言っちゃえば大したものではなくなる。

勇気を持ってブログに本音を書いて
本当によかったなぁ。

PS.せっかくなので、
私が起業してやってきたことを下にまとめておきました。


外注化を初めて3ヶ月目で5人を10円で雇った話

【初心者が一番最初にやること】自動収益が発生する仕組みの秘密とアフィリエイト

PS.メルマガでは「ビジネス&外注化」について語っています!
→「ビジネスは仕組みがすべて」を受講する

 

 
PS.
仕組み作りの方法などより濃密な内容は
メルマガの中で語っているので
よかったら登録していただければと思います!
 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。
また、メール講座の中でお会いしましょう。

→ゆりのビジネス講座を無料購読で
「仕組みのビジネスモデル」を解説したレポートをプレゼント



★メルマガ登録はこちら★







この記事を書いている人 - WRITER -
2015年からビジネスを始め24歳の時に月収100万円を達成!その後収益は伸び続け年収も8桁を超える。得意分野は「仕組み作り」と「外注化」で人を雇ってネット上に資産を作って伸び伸び自由に暮らしている。2記事しか入っていないサイトから50万円以上の利益を得たり、1つのアフィリエイト商品を600万円ほど売ったりしている。普段はダラダラしているがたまに本気を出して1ヶ月で1000コンテンツを作ったりして仕組みから収益を得ている人。<<メルマガの中でノウハウも公開中>>
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2018/05/21
ゆりのプロフィール
  2018/05/21
1日で作った2記事しか入ってないサイトが150万円以上で売れるって知ってた?
  2018/05/21
外注化を初めて3ヶ月目で5人を10円で雇った話
  2018/05/21
外注化したい方必見!外注化記事まとめ
  2018/05/21
成功する人の基準値を刻ませてもらった時の話!一瞬の判断で全てが決まる
  2018/05/21
これがエグゼクティブの世界か!リアル峰不二子に出会って60万円の洋服を試着して世界が変わった話
  2018/05/21
人生はいつ何があるかわからない、だから自分の周りの人を守れる力を付けよう!
  2018/05/21
元グルメライターの私が今からグルメサイトを作るならどう考える?
  2018/05/21
常識を疑え!私は「エロ祭り」から常識を疑うことを学んだ
  2018/05/21
ドナルド・トランプとカフェから学ぶ「ブランド戦略」
  2018/05/21
居場所がなくていつも孤独だった私がビジネスを始めたら人生変わった
  2018/05/21
経営者や億万長者との人脈の作り方!仲良くなれば芋づる式、だからまずは実力を磨け。
  2018/05/21
40億の借金を背負ったサラリーマンから学ぶ「勉強すること」の大切さ
  2018/05/21
銀座でホステスのスカウト業をされていた経営者から学ぶ「破滅へのロンド」と過去の私ナイス!
  2018/05/21
成約率100%のセールスマンはセミナーで催眠術を使っていた
  2018/05/21
豊富秀吉が作った聚楽亭から学ぶ「力」とネットの可能性について
  2018/05/21
25年間怖くてビビって海に入るのが苦手だった私がビジネスを始めたら「人生楽しめる」ようになった!
  2018/05/21
ゆりの外注化企画「外注化無双の懇親会」を開催しました!
  2017/04/10
中学生でも小学生でもインターネットビジネスでお金を稼げる時代
  2017/04/04
退職お祝い!3月31日を持って父親が退職しました。おつかれさま!
  2017/02/02
50代でも起業できる!53歳の母親も家で起業したってよ。
  2016/12/31
人見知りコミュ障が経営者になったらコミュ障克服できて人生変わった話
  2016/04/29
キャバクラに行き男気じゃんけんで1日200万円!億の世界を見てきた
 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネスは仕組みがすべて , 2016 All Rights Reserved.