常識を疑え!私は「エロ祭り」から常識を疑うことを学んだ


どうもこんにちは、24歳の経営者ゆりです。
私はネット上に仕組みを作って月収100万円稼げるようになりました。

普段は、「視点」を鍛えるためのアウトプットとして情報発信をしています。

そこで、今日は文化から学ぶ
「常識」の話をしていこうかなと思います!

というのもですね、歴史とか宗教とかを学んでいくと
あまりにも現代の日本の「常識汚染」にさらされすぎていて、

まじかぁぁっぁ。
と、今の日本では考えられないような
えげつない価値観だったり、文化に出会ったりします。

そして、そこで常識ってなんなんだろう。
って、非常にショックを受けたりします。

今日は私が衝撃を受けた「常識」を紹介します。

今日は軽く面白い系の話をしようと思っていて、
「エロ祭り」の話をします。

いきなりですよねw

まず、お祭りというのは、
神社って神様を祭って、五穀豊穣を願ったり、
神様をもてなして喜んでいただくためにあるものです。

青森のねぶた祭りとか、京都の祇園祭とか、
徳島の阿波踊りが有名ですね。

私は、大きいお祭りに行ったことがないのですが、
出店が出て、踊ってわっしょいわっしょい。
って、やる近所のお祭りには良く行っていました。

ですが、、、

日本全国には、エロ祭りというものがあります。

有名どころでは
「おんだ祭、かなまら祭、ほだれ祭」とかです。

普通にとんでもないお祭りですw

ググって見てもらうと衝撃を受けると思います。

売店で売っているバナナが、あれの形をしていたり、
お守りが、あれの形をしていたり。
天狗とお多福の公開se⚪︎があったりと。

えっち過ぎるでしょ!!!
って、突っ込まずにはいられません。

普通にトンデモナイw
結構、常識がぶっ壊されましたね。

これを知った時は、かなり衝撃的でしたし、
ちょっと行ってみたくなりましたw

で、こんなお祭りは日本でもクレイジーだな
って、思われるわけなんですが、

海外では、絶対にありえないわけなんですよね。
オーマイガー!ジャパンイズクレイジー

とか、言われそうですね。

海外ではそもそもキリスト教が多いですからね。
で、キリスト教って性に対して厳しくて、
カトリックとプロテスタントがあるわけなんですが、

カトリックだと、婚前交渉は禁止です。
なので、付き合っても何もできないということですね。
結婚するまで、純潔を守る。

あとは、お酒がダメとか、タバコはダメとか
色んなルールがあって、
とにかく欲望を抑えこまなきゃいけない。

欲望というのは「本能」です。
で、本能を抑えまくる。

ちなみに私は、本能を無理やり押さえつけると
人はおかしくなると思っています。

だからと言って、
カトリックの中では欲望を出すと
周りからは「悪魔が憑いている」とか言われるわけだ。

聖書では
「嘘をつく者、誘惑する者、病気をしている者」は、
「悪魔が憑いている」と言われて、
悪魔払いをしなければならない、とか言われるわけです。

サタン、ルシファーとかデーモンとか
聞いたことありますかね。

私は、子供の頃はまっていた遊戯王の中で、
初めて「デーモン」という言葉を知りましたが、
キリスト教の中で言われている悪魔のことです。

「欲望=悪魔」という価値観です。

だから、エクソシスト(=悪魔払い)がいるわけです。
性欲?じゃあ、悪魔が憑いてるから取らないとねみたいな。

私にとっては、何だその文化!!!
と、かなり非常識に思えますが、

カトリックの中ではこれが「常識」なわけです。

逆に、日本の江戸時代とかは
キリスト教と真逆です。

欲望万歳ーーー!!!
ですよw

例えば、
江戸時代のお風呂にはのぞき穴がありました。

そして、もちろん男性達は
女性が入っているところをそーっと覗く。

現代の男性達からすると、超うらやましい時代ですねw

のぞき穴とか非常に頭が良いなって思っていて、
カリギュラ効果を使って、人の本能をくすぐって、
覗かせることで次の段階に誘導しているんですよ。

ちなみに、カリギュラ効果というのは、
「隠されると余計に気になる」という原理。

のぞき穴から見れる部分は少ないので、
「もっと見たい!もっと見たい!もっと見たい!」
と、欲望を刺激します。

女性もあえて男性達にアピールをしていました。
「見させる=今日はOKよ!」の合図ですからね。

で、江戸時代の基本は夜這いです。

覗かせてくれた=今日はOKの日
キタコレ行くしかない!!!

ということで、男性は女性の所に
可愛いかんざしや、綺麗な着物を持って、
遊びに行ってお互いの欲望を満たしていたわけですね。

そうすると、文化はどんどん栄えます。

男性も楽しいし、女性も楽しいから。

髪飾りやかんざし
綺麗な着物を贈られた女性は
どんどん綺麗になっていきます。

そして、男性も綺麗な女性を見て、
体を鍛えたり、カッコ良くなろうと努力したり、
素敵な女性にプレゼントを贈ります。

綺麗な花を贈ったり、綺麗な茶の湯を贈ったり、
髪飾りや織物、綺麗な布とかを贈っていました。

すると、それを作る職人さんはどんどん腕をあげて、
素晴らしいものが街中に増えていく。

だからこそ、江戸時代の文化は
世界でもトップクラスの文化と言われていて、

「世界一美しい国日本」と呼ばれる所以は、
この頃の江戸時代の文化にあります。

江戸時代の日本は、世界一素晴らしい文化なのです。

欲望を満たすと、心が充実して、
毎日が楽しくなり、生活が充実して文化が発展するのですよ。

夜這いが基本だったんです。

で、自分の娘が夜這いされないと、親が心配する。
なぜ、うちの娘のところには、誰も来てくれないの?って。

今じゃ、ありえませんよねw

ですが、江戸時代は、これが「常識」でした。

だからこそ、常識なんてあってないようなものなんです。

その時代、その会社、その宗教、その国の常識は
場所が変われば、少し時代が変われば一瞬で崩壊する。

だからこそ、常識に囚われてはダメなんですよ。

で、少し脱線したのでエロ祭りに戻ると、
このお祭りって何のために行われたのか?

ということを考えればよくて、
神社が行うお祭りの目的を考えればいいんです。

五穀豊穣、神様へのおもてなしという理由もありますが、
背景として、昔の人は「村」に住んでいました。

そして、村というのは、
非常に閉鎖的な空間なんですよね。

だから、「血が濃く」なってしまうんですよ。

そうすると、奇形児が生まれてしまったりと、
DNA的によくないわけですよね。

だから、1年に1度

新しい血を村に入れるために、
いろんな村の人が集まるイベントを用意した。

そして、お祭りをやると色んな村の人が集まり、
テンションが上がって、違う人と結ばれた。

わっしょい、わっしょい。
って、揺れる動きをすると本能的になりますからね。

血液や体液が循環してテンションが上がるんです。
アドレナリンがでます。

ちなみに、運動すると鬱が良くなるのと同じ原理です。

で、お祭りを通して子供ができると、
「神の子」として親戚皆で可愛がった。

こんな感じで、日本のお祭りには色んな意味があるんですよね。

これも、1つの常識です。

現代の私達にとっては、
お祭りで「血を混ぜる」という常識はありませんが、

その時代の人たちにとってはそれは「常識」だった。

私は、今の常識で考えることほど
怖いことってないと思うんですよね。

今の時代は、
「正社員として会社に勤める」ことが常識
とされていますが、

これからどんどんその価値観は変わっていくし、
それは、常識ではなくなります。

「個人で稼ぐ」というのが当たり前になる時代が来る。

だから、
それを感じ取って行動に移している人達は、
情報感度が高いので、
センスがあるなって感じます。

逆に、今の常識に腰を据えていると、
気づいた時には、「ええええ、嘘でしょ。」
って、青ざめることになるかもしれません。

だからこそ、
私自身も「自分の常識」を疑って、
自分にとって、非常識だなと思うことを、
取り入れてみることにしたんです。

私にとってはそれが
「ネットビジネス」というものでした。

とは言っても、

私は2年前までは、
ネットビジネスで稼げるとか
「嘘でしょ?怪しい。超怪しい」って思っていましたね。

実際、超怪しこともいっぱいありましたし。

私自身も一回、詐欺に騙されて
70万円の借金を背負ったこともありましたから(笑)

やっぱり、悪い人はいますw

けれども、

そういう人はごく少数で、
多くの人は、超まじめです。

それから、この業界に入ってみると、
意外と、副業の人が多いことに気づきます。

私自身も、最初は副業からビジネスを始めましたが、
私の通っていた会社でも、サラリーマンをしながら、
コソコソ稼いでいる人はいっぱいいました。

言わないだけで、
結構みんな会社の人に内緒で稼いでいるんですねw

セミナーとかに顔を出してみると、
20代、30代がめっちゃ多いことに気づくし、
中には、60代の人もいますもんね。

この前大阪に行った時に出会った人も、
会社の同僚に内緒でひっそりと稼いでいましたね。

会社行きながらネットビジネスをやって、
3年で月収100万円いったと言っていましたね。

その人は、「心に余裕ができた。」
と、喜んでいました。

私もそうだったもんなぁ。
ほんとうに、心に余裕が持てましたね。

しかも、月50万円程度であれば、1年あればいける。

私も最初、
副業からネットビジネスを始めて、
それから会社を辞めて挑戦して、

ビジネス始めてから2年経たずに、
月収100万円稼げるようになったもんな。

それからは、
カフェをコンサルしたり、
美容サロンにアドバイスできるようにもなったり、
このスキルは超応用が効くから、人生が楽しくなった。

とは言っても
大したことはしてないんですけどね、
サラリーマンできていればできる程度のことです。

学ぶこともそんなに多くなかったし。
資格を取るよりも全然コスパいいです。

資格取ったって、
月収2万円上がればいい方じゃないですか。

でも、ビジネス勉強すれば、
月収30万円とか上がるわけですよ。

同じ労力だったら、全然ビジネスの方がいいw
同じくらいの労力でいけちゃう世界です。

私自身も、
たった1年ちょいで人生が変わったからな。

ほんとに面白い業界。

だって、
24歳で月収100万円稼いでいるとか、
普通、超すごいじゃないですか。

でも、ネットビジネスの世界では
月収100万とかゴロゴロいすぎてなんの珍しさもないんですよね。

当たり前すぎて。
まったく珍しくない。

個人が億を目指せる世界だし、
私の周りには億を稼ぐ人も多いから、
むしろ、自分の稼ぎが少なすぎて恥ずかしいくらいです。。。

私は、世界に飛び込んで、
常識がガラガラと崩壊しました。

でも、この業界に飛び込めてよかったですよ。

色々失敗しましたが、
1年しっかりビジネスについて学べば、
誰でも月収30万程度はいけるんだから。

知らないってヤバいなと。。。

知らないって、なんて損なんだろうな。
だって、知らなかったら、

まだ行きたくもない会社で
エクセルとにらめっこをしているわけで、
そう考えてみると、超怖いわ。。。

ちょっと知らない世界に
勇気を持って飛び込んでみると、
人生って思っても見ない方向にガラッと変わるとか、

人生ほんと面白いや!
何があるかわからない。

おっとっと。
ちょっとズレて来たので今日はこの辺で!
ゆりでしたー。

ちなみに、私がやっているのは
「アフィリエイト」というネットビジネスです。

こちらの記事で詳しく解説しています。
ご興味があれば!

【初心者が一番最初にやること】自動収益が発生する仕組みの秘密とアフィリエイト

それから、私の自己紹介はこちらです。

ゆりって誰やねん?って思うと思うので、
よかったら最初にみてください。

あ、あとよかったら、
メルマガ登録してみてください。

億を稼ぐ経営者から学んだビジネスのことを
無料で学べるメール講座を配信中です!

もちろん、面白くなかったら
配信解除も一瞬でできますよ〜〜。

初心者から月収100万円以上稼いでいる人まで、
色んな読者さんが「仕組み作り」について学んでいます。

PS.メルマガでは「ビジネス&外注化」について語っています!
→「ビジネスは仕組みがすべて」を受講する

 【下記画像をクリックして、ゆりのメルマガを読んでみる!】

プロフ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です