Menu
Close 

      2016/02/22

神話の法則!ストーリーテリングの超すごい力!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆり
2015年からビジネスを始め24歳の時に月収100万円を達成!その後収益は伸び続け年収も8桁を超える。得意分野は「仕組み作り」と「外注化」で人を雇ってネット上に資産を作って伸び伸び自由に暮らしている。2記事しか入っていないサイトから50万円以上の利益を得たり、1つのアフィリエイト商品を600万円ほど売ったりしている。普段はダラダラしているがたまに本気を出して1ヶ月で1000コンテンツを作ったりして仕組みから収益を得ている人。<<メルマガの中でノウハウも公開中>>
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

こんにちは、ゆりです。

 

私は、神話の法則が好きで、

ストーリーテリングについて学んだりしています。

 

知識を得てから物語に出会うと、超おもしろいです!!

知ればしるほど深みにはまります。

 

私は、ストーリーを勉強し始めてから

ストーリーには「悪魔の力」が潜んでいるなと、思うようになりました。

というわけで、今日は悪魔の力のお話をしていきますね!

 

超すごい!ストーリーの力!

 

まず、ストーリーというのは、物語です。

 

名作と呼ばれる物語は、どれもある型に基づいて作られています。

 

ワンピース、ドラゴンボール、リーガルハイ、

のだめカンタービレ、電車男、ジブリなどなど、

 

映画、小説、漫画、ドラマなどのあらゆる物語が

神話の法則という「型」に基づいて作られています。

 

神話の法則というは、

ギリシャ神話やキリスト教、仏教のお釈迦様の話など

「神話」と呼ばれているものを集めてまとめた法則のことなんですが、

 

西洋のお話とか、ハリウッド映画とか

日本の漫画や名作ドラマなどは、

ほとんどがこの法則に基づかれた構成によって作られています。

 

「神話の法則」の構成はこんな感じです。

1.日常の世界

2.冒険へのいざない

3.冒険の拒絶

4.賢者との出会い

5.第一関門突破

6.敵との戦い・仲間との出会い

7.最も危険な場所への接近

8.最大の試練

9.報酬

10.帰路

11.復活

12.帰還

 

ワンピースもこれにしっかりと基づいて作られているように、

人がはまる物語っていうのは、ほとんど全てが神話に基づいてつくられています。

 

これは、ギリシャ神話の時代から

ずっとそうなので、永遠にこの法則は人々の心を掴み続けていくのでしょう。

 

だから、これを学んでおくと、

どうすれば人の心が動くものが作れるのか?」

ということが、わかるようになります。

 

この型がわかるようになると面白いです!

まず、ドラマや漫画をみる観点が変わります。

 

ドラマとか見ながら、「なるほど、ここでアイテムと出会うのね。」

「心動かされるわ、、、」と。

マーケティングの視点で観れるようになります。

 

見る視点が変わるし、「型」を得ることで分析できるようになります。

 

人は、知らないものを認識することはできませんが、

知ることによって、裏側を認識することができるようになります。

 

ドラマや映画でいうのであれば、

著者の意図を認識することができるようになります。

 

私たちは「時計」という概念を知っているから、

「時計」は時間を知るためにあるものだということがわかりますが、

原始時代の人が、「時計」を見たら、これはいったいなんなんだ?

 

「食べ物か?ガブっ・・・・・食べれん( ;  ; )なんだこれは!

と、思うわけですよ。

 

認識できなければ、時間を知るものだっていうことすらわかりません。

 

だからこそ、認識できるようになったとたん、

目の前がパッーーーっと開けるように景色が一瞬で変わります。

 

だから、まず色々な知識をインプットして、

自分が知らない世界を認識していくことが大事!

 

認識できると、視点も変わるし、思考も変わる。

この「認識する」という所から全てが始まります。

 

私は、昔は物語を構成で捉えるとか考えたこともなかったけど、

神話の法則という概念に出会ってから、

「面白いストーリーの構成」がわかるようになりました。

 

すると、ドラマや漫画の見方が変わるし、

視点が変わったおかげで見える世界が変わって、すごく楽しいです!

ということで、神話を勉強することはオススメです!

 

物語の力が持つ悪魔の力について。

 

さてさて、そろそろ本題

ストーリーが持つ「悪魔の力」についてのお話をしていきましょうか。

 

まず、ストーリーというのは、

「物語を通して、人に何かを伝える」という目的を持っています。

主人公が旅を通して、成長して、必ず最後に何かを得るとかね。

 

たとえば、電車男だったら、

 

「童貞アニオタが、電車で助けた美女に恋をして、

女性と話たこともないところから、沢山の試練を乗り越えていって、

最後に美女と付き合えるという物語。」

 

ストーリーは必ず伝えたい何か「意図」を持っています。

 

それで、

ストーリーのすごいところは、

抽象度が高くて言語化できないメッセージも

ストーリーによって簡単に伝えることができるというところ。

 

想いだったり、感情だったり。

その結果、人の価値観を変える力を持ちます。

 

ドラマを見るときに、主人公の気持ちに共感して、恐怖して、喜んで、

主人公と同じような感情になりませんか?

 

ドラマ見ながら泣いた経験があったら、これに当てはまってます。

 

私はよく泣いています。

「えーーーーー、嘘死ぬのーーー!」って叫んでますね。

 

そう、ストーリーは、

主人公と同じ感情を共有することができるんです。

だからこそ、危ない面もあったりする。

 

ストーリ化というのは、

「昔から伝えられている高度な洗脳手法」でもあります。

 

物語を通して、相手に気付かせないように

価値観を刷り込むことができる力を持っています。

 

たとえば、電車男だったら

オタクの価値観と、オタクを見る人の価値観を変えたドラマ」だと私は思います。

 

昨日まで、「おたくきもーーーい。」

とか、言っていた女子が、電車男を見て

え?オタク良くない?

 

とか言っちゃうように

価値観を一瞬でコロッと変えてしまう力を持っています。

ドラマを見る前と後で、価値観変わっていますよね。

 

人の価値観は変わりやすいです。あっという間に変わる。

 

電車オタクは、オタクに勇気を与えたドラマです。

 

危ないストーリーの洗脳の力

 

普通に使われている内は楽しいだけだからいいのですが、

 

このストーリーの力を悪用してしまうと、

簡単に国民に「反米感情や反韓感情を抱かせること」もできてしまいます

 

韓国とかでは、反日のドラマをやったりとかしてますよね。

それがいい例です。

 

私がストーリーには、悪魔の力があるという理由はここにあります。

ストーリーの持つ悪魔の力というのは、

「相手に気付かせずに、価値観を刷り込む力」です。

 

人は、意識できることに対しては防御線をはることはできます。

 

例えば、「今から韓国人を嫌いになれ!」と、言われてもならない。

 

でも、無意識に対して人は防御線を張れません。

だから、無意識にテレビを見ている時に、

韓国人を嫌いになるようなストーリーが流れていると、嫌いになります。

 

ドラマの印象というのは大きくて、いつまでもそのイメージがついたりします。

悪役とかは特にそうで、ストーリーとして刷り込んでいくと、

いつまでたってもその役のイメージが取れず、

なんか嫌いこの人という印象がついたままになります。

 

メディアは、これを使って普段から洗脳をしていたりもします。

 

このニュースの意図はなんだろう?

このドラマはどんな価値観を私達に刷り込みたいんだろう?

この映画は何を伝えようとしているんだろう?

 

って、日頃から考えてみると面白いですよ。

 

ストーリーは、簡単に無意識なゾーンに侵入することができるツールです。

超強力で、しかも気がつかない。

 

「1日3食」食べるというのも価値観の洗脳でしかありません。

本当は、1日2食の方が健康です。

 

ですが、エジソンがトースターを発明した時に、

「1日3食健康説」を唱え始めた。

 

しかもストーリーで唱えたんですよね。

エジソンは天才でした。

 

そして、エジソンは

「私が天才になったのは、朝食を食べ続けたからだ」と唱えました。

 

エジソンはわかっていたんです。

そういえば、国民が朝食を食べることになり「トースターが売れる」ことを。

 

だから、「自分の体験談」という物語(ストーリーの力)

を使って、1日3食健康説を唱えていきました。

 

結果は案の定、売れる売れる。

現在までその価値観は残り続けています。

 

本当は2食の方が健康にいいにも関わらず、

私達は、何も疑問を持たずに1日3食食べ続けている訳です。

 

ということで、長くなってしまいましたね。

 

ではでは、今日はこの辺で!

ゆりでしたー!

 

〜おすすめ記事〜

はじめましてゆりです

外注化の鉄則「人に依存せず、仕組みに依存する」

情報の重要性!情報があるかないかで人生が変わる

 

 
PS.
仕組み作りの方法などより濃密な内容は
メルマガの中で語っているので
よかったら登録していただければと思います!
 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。
また、メール講座の中でお会いしましょう。

→ゆりのビジネス講座を無料購読で
「仕組みのビジネスモデル」を解説したレポートをプレゼント



★メルマガ登録はこちら★







この記事を書いている人 - WRITER -
ゆり
2015年からビジネスを始め24歳の時に月収100万円を達成!その後収益は伸び続け年収も8桁を超える。得意分野は「仕組み作り」と「外注化」で人を雇ってネット上に資産を作って伸び伸び自由に暮らしている。2記事しか入っていないサイトから50万円以上の利益を得たり、1つのアフィリエイト商品を600万円ほど売ったりしている。普段はダラダラしているがたまに本気を出して1ヶ月で1000コンテンツを作ったりして仕組みから収益を得ている人。<<メルマガの中でノウハウも公開中>>
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2018/05/21
ゆりのプロフィール
  2018/05/21
1日で作った2記事しか入ってないサイトが150万円以上で売れるって知ってた?
  2018/05/21
外注化を初めて3ヶ月目で5人を10円で雇った話
  2018/05/21
外注化したい方必見!外注化記事まとめ
  2018/05/21
成功する人の基準値を刻ませてもらった時の話!一瞬の判断で全てが決まる
  2018/05/21
これがエグゼクティブの世界か!リアル峰不二子に出会って60万円の洋服を試着して世界が変わった話
  2018/05/21
人生はいつ何があるかわからない、だから自分の周りの人を守れる力を付けよう!
  2018/05/21
経営者や億万長者との人脈の作り方!仲良くなれば芋づる式、だからまずは実力を磨け。
  2018/05/21
40億の借金を背負ったサラリーマンから学ぶ「勉強すること」の大切さ
  2018/05/21
成約率100%のセールスマンはセミナーで催眠術を使っていた
  2018/05/21
銀座でホステスのスカウト業をされていた経営者から学ぶ「破滅へのロンド」と過去の私ナイス!
  2018/05/21
25年間怖くてビビって海に入るのが苦手だった私がビジネスを始めたら「人生楽しめる」ようになった!
  2018/05/21
ゆりの外注化企画「外注化無双の懇親会」を開催しました!
  2018/02/21
居場所がなくていつも孤独だった私がビジネスを始めたら人生変わった
  2017/04/04
退職お祝い!3月31日を持って父親が退職しました。おつかれさま!
  2017/02/03
中学生でも小学生でもインターネットビジネスでお金を稼げる時代
  2017/02/02
50代でも起業できる!53歳の母親も家で起業したってよ。
  2016/12/31
人見知りコミュ障が経営者になったらコミュ障克服できて人生変わった話
  2016/12/23
ドナルド・トランプとカフェから学ぶ「ブランド戦略」
  2016/12/17
元グルメライターの私が今からグルメサイトを作るならどう考える?
  2016/04/29
キャバクラに行き男気じゃんけんで1日200万円!億の世界を見てきた
 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネスは仕組みがすべて , 2015 All Rights Reserved.