Menu
Close 

      2017/06/14

リゾートバイトで「売春島」と呼ばれた渡鹿野島に行ってきた

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2015年からビジネスを始め24歳の時に月収100万円を達成!その後収益は伸び続け年収も8桁を超える。得意分野は「仕組み作り」と「外注化」で人を雇ってネット上に資産を作って伸び伸び自由に暮らしている。2記事しか入っていないサイトから50万円以上の利益を得たり、1つのアフィリエイト商品を600万円ほど売ったりしている。普段はダラダラしているがたまに本気を出して1ヶ月で1000コンテンツを作ったりして仕組みから収益を得ている人。<<メルマガの中でノウハウも公開中>>
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

どうもこんにちは、24歳ゆりです。
アフィリエイターをしていて月収100万円を達成しました。
現在は、家でのびのび仕事をしています。

そんな私ですが、ある時期は地獄に落ちていました。
超好きだった彼氏に振られ、再起不能。
家で仕事に身が入らないポンコツニート状態。

とりあえず、家に居ると泣けてくるので、
どこかで頭を冷やそうと思い、リゾートバイトをしに行ったことがあります。

で、2015年当時、
私は「売春島」と呼ばれる三重県の渡鹿野島に、
リゾートバイトをしに行ってきました。

ただ、私は渡鹿野島に行くまで、「渡鹿野島」が
昔は「売春島」だったということを知りませんでした。

しっかりと、リサーチしてから、決めろっていうね。

あ、ちなみに私は、
昼間は普通に一泊25000円くらいする、
高級旅館で飲食のスタッフとして働いてたので普通の仕事でしたよ。

ということで、2ヶ月間の間、
渡鹿野島に居た私が潜入してきた感想を述べます。

「売春島」渡鹿野島というのは一体どんなところ?

売春島とは言っても、ひと昔前までのお話しで、
現在は、特にそれらしい雰囲気を感じさせません。

今、島に来る人達の9割以上は売春目的ではなく、
普通に旅行を楽しみに来ている感じです。

そもそも、
渡鹿野島に旅館は島に3つしかなく、
1人客の男性も見当たらないし、団体で来る男性客の姿も見ません。

家族連れやカップルで来る人が多く、
普通の旅行と同じく、温泉や食事をメインにしていきます。

特に、私が働いていた旅館は2万円以上とお値段も高く、
露天風呂付きの部屋で、食事も伊勢海老のお造りや、
フグのてんぷら、和牛のステーキなど。

普通に、観光として売っているような感じでした。

とは言っても、
確かに昔は売春島として栄えたという歴史がありますし、
その名残っぽいものは、ちょいちょいあります。

例えば、島には
中国人、フィリピン人、タイ人っぽい人もいて、
島の人口の割に外国人が多い感じの印象を受けました。

ですが、

外国人の人数も5人もいかない程度で、
年齢も30歳以上で20代の人は見かけなかったなぁ。

そもそも、
この渡鹿野島の人口自体がそもそも非常に少ないし、
おじいちゃん、おばあちゃんばかりで、
島全体で人口は30人もいないんじゃないかな。

リゾートバイトで島以外の所から来て
島の寮に泊まっている人も合わせて、
150人が限界だと思うくらい島にいた人口は少ないですね。

そういうレベルで人口が少ないので、
2ヶ月も街を歩いていれば、ほぼ、全員の顔を知ることができます。

で、私も昔「売春島」だった。
という島の歴史を知って、
探検してみたくなったのですよね。

だって、なかなか
そんな所に行く機会なんてないじゃないですか。

ふつーに、好奇心くすぐられるなぁ。
と思って、探検しました。

渡鹿野島は寂しい廃墟が多く人気がない・・・。

渡鹿野島は、
確かにかつては売春島として栄えていました。
600人以上人口がいて、男性客がよく来ていたそうです。

ですが、もうその面影はありません。

さらに、

2013年に島と行政機関が
「渡鹿野島安全・安心街づくり宣言」を発表したため、
売春島からの脱却を目指すことになり、
それからは、続々と島を離れる人が増えたようです。

なので、そういう産業で食べていた人は、
出ていったような感じですね。

で、探検しました。

その時写真撮ってくるの忘れたので、写真はないですが…泣

至る所に廃墟があって、
すごく薄暗くて不気味な雰囲気です。

すごい静かなんです。
島全体が静か。
誰もいない。

そんな雰囲気。

ちなみに、アパートが非常に多くて目立ちます。

ただ、
アパートにも人が住んでいる気配はなく、
人っ子一人いない感じ。

この島は恐ろしいほど静かです。

時が止まっているというか、
どこにいっても人がいないというか。
ひたすらに、寂しい雰囲気があるんですよね。

誰もいません。
人がいません。
どこにいっても人とすれ違いません。

すれ違う時は、一緒に働いている人か、
観光で来ているお客さんです。
あとは、おばあちゃん、おじいちゃん。
と、ちょいちょいすれ違うかな〜。という感じ。

外国人の人もいないし、男性客もいない。

夜になってもネオンという感じは特になく、
怪しい雰囲気がするお店もありません。

ということで、
散策しても何も得られなかったです。

寂れた雰囲気があるだけで、
それよりも奥にはいけませんでしたね。

島の人と実際に飲んで話しを聞いてみた

やっぱりどうしても気になるので、
実際に島で働いているコンパニオンの人と飲んでみました。

渡鹿野島には飲み屋が3件あります。
というか、3件しかない。

なので、そこに行くと、
お店には島の人が集まっています。

そして、2ヶ月もいると
島の人皆が知り合いみたいな感じになる。

で、やっぱり
外国人の方が島の人口に対して多いので、
実際の所どうなのか?について話しを聞いてみました。

まずは、コンパニオンという職が存在していて、
料理を食べながら宴会をするみたいですね。

ふつーに、コスプレとかをして、
話を盛り上げながら、盛り上がるようです。

で、お触りとかもふつーにあるようですし、
やっぱり、まだ「存在」しているようですね。

とはいっても、ほぼ壊滅状態らしいですが、
それでもまだ売春目的で来る人がいるようで、
実際にあるということでした。

そういう系の斡旋所があったりして、
男性客が来ると、
仲介をしているおばさまから声がかかるよう。

そういう世界があるのかと。

ですが、
あまり外部の人には話したがらないようで、
やっぱり深い所まで教えてくれる人はいませんでした。

まあ、そうですよね。

深い話は外部の人間には教えられません。。。

ただ、島には居ても、
内部の奥深くまで突っ込めなかったのは残念…

渡鹿野島潜入レポートに関しては以上です!

ですが、渡鹿野島よりも、エロ繋がりで面白いなと思ったのは、エロ祭りですね。

公開se◯があったり、、、するんだもん。

こういう文化が日本にあるなんて知らなかったし、ビックリしたなぁ。

ということで、

常識を疑え!私は「エロ祭り」から常識を疑うことを学んだ

こちらの記事は非常に大好評ですね。

私も書いていて楽しくなっちゃった記事です。

よかったら是非みてください。

ではでは、ゆりでした!

それから、私の自己紹介はこちらから読めます!
よかったら見てみてください。

ポンコツ女子が1年10ヶ月ビジネスをしたら、
月収100万円を達成した私、ゆりの自己紹介。

 

 
PS.
仕組み作りの方法などより濃密な内容は
メルマガの中で語っているので
よかったら登録していただければと思います!
 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。
また、メール講座の中でお会いしましょう。

→ゆりのビジネス講座を無料購読で
「仕組みのビジネスモデル」を解説したレポートをプレゼント



★メルマガ登録はこちら★







この記事を書いている人 - WRITER -
2015年からビジネスを始め24歳の時に月収100万円を達成!その後収益は伸び続け年収も8桁を超える。得意分野は「仕組み作り」と「外注化」で人を雇ってネット上に資産を作って伸び伸び自由に暮らしている。2記事しか入っていないサイトから50万円以上の利益を得たり、1つのアフィリエイト商品を600万円ほど売ったりしている。普段はダラダラしているがたまに本気を出して1ヶ月で1000コンテンツを作ったりして仕組みから収益を得ている人。<<メルマガの中でノウハウも公開中>>
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2018/05/21
ゆりのプロフィール
  2018/05/21
1日で作った2記事しか入ってないサイトが150万円以上で売れるって知ってた?
  2018/05/21
外注化を初めて3ヶ月目で5人を10円で雇った話
  2018/05/21
外注化したい方必見!外注化記事まとめ
  2018/05/21
成功する人の基準値を刻ませてもらった時の話!一瞬の判断で全てが決まる
  2018/05/21
これがエグゼクティブの世界か!リアル峰不二子に出会って60万円の洋服を試着して世界が変わった話
  2018/05/21
人生はいつ何があるかわからない、だから自分の周りの人を守れる力を付けよう!
  2018/05/21
経営者や億万長者との人脈の作り方!仲良くなれば芋づる式、だからまずは実力を磨け。
  2018/05/21
40億の借金を背負ったサラリーマンから学ぶ「勉強すること」の大切さ
  2018/05/21
成約率100%のセールスマンはセミナーで催眠術を使っていた
  2018/05/21
銀座でホステスのスカウト業をされていた経営者から学ぶ「破滅へのロンド」と過去の私ナイス!
  2018/05/21
25年間怖くてビビって海に入るのが苦手だった私がビジネスを始めたら「人生楽しめる」ようになった!
  2018/05/21
ゆりの外注化企画「外注化無双の懇親会」を開催しました!
  2018/02/21
居場所がなくていつも孤独だった私がビジネスを始めたら人生変わった
  2017/04/04
退職お祝い!3月31日を持って父親が退職しました。おつかれさま!
  2017/02/03
中学生でも小学生でもインターネットビジネスでお金を稼げる時代
  2017/02/02
50代でも起業できる!53歳の母親も家で起業したってよ。
  2016/12/31
人見知りコミュ障が経営者になったらコミュ障克服できて人生変わった話
  2016/12/23
ドナルド・トランプとカフェから学ぶ「ブランド戦略」
  2016/12/17
元グルメライターの私が今からグルメサイトを作るならどう考える?
  2016/04/29
キャバクラに行き男気じゃんけんで1日200万円!億の世界を見てきた
 

Comment

  1. 最近は売春目的では無く普通にコンパニオンと宴会を楽しむ方が多いですよ。
    これは、何処の観光地でも普通にある事です。
    ですので宿はそれぞれに料理に力を入れ、値段も下げコスプレなどの
    お得な宴会プランを提供し頑張っているんだたと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネスは仕組みがすべて , 2016 All Rights Reserved.