中学生でも小学生でもインターネットビジネスでお金を稼げる時代


どうもこんにちは、ゆりです。
22歳の時の起業して個人で稼いでいます。

そんな私の所には、
毎日、色んな方からメールが届くのですが、
以前14歳の中学生から「アフィリエイト記事の外注化」
の教材の特典の申請が届いたことがあります。

その時に、私は今の時代って、
普通に中学生でも小学生でも稼げる時代なんだなぁ。
と、感心したとともに危機感を持ちました。

私も24歳。

下からドンドン追い抜かそうとしてくる
新しい風の存在をヒシヒシと感じて
わくわくすると共に非常に危機感を感じますね。

小学生も中学生も大人と大して変わらない

というのも、

私は小学6年の卒業式の日に「薬剤師を目指します!」
と、宣言をしたのを詳細に覚えています。

そう思うと、
小学生頃の私は社会のことをしっかりと見ていたと思うし、
根本的な所は大人と大して変わらないなぁ。
と思うんですよね。

もちろん、子供なので経験も圧倒的に足りてないし、
言葉の意味もあまり知りませんし、
理解できないこともいっぱいあると思います。

ですが、子供と大人の頭の良さって
実は、大して変わらないと思うのですよ。

実際、私は小学生の時から劇的に変わったか?
と言われたら、少しは変わりましたが、
根本的な部分までは変わっていません。

振り返って考えてみるとわかると思います。

小学生ながらにして、
「あの先生バカだな〜。」って思うこともあったと思います。

そして、バカにされている時には、
それを感じ取る力も持っているし、
親のことを簡単に真似して自分の力に変えることもできます。

頭の良さって大人も子供も
大して差はないんだろうなぁと思うのですよね。

で、もし小学生に「ブログ」を使って、
稼げる方法を教えたとしたら、
小学生であっても簡単に稼げてしまいます。

小学生ながらにして、
月収30万円稼ぐということも、
インターネットを使ったビジネスを利用すれば、
簡単に実現が可能なのですよ。

実際に、
私の知り合いの起業家の人なんて、
5歳児にプログラミングを教えているらしく、
まじかって、ドン引きしましたもん。

5歳児でもプログラミングを理解できる

ですが、5歳児が
プログラミングを理解しているそうです。

それってやばくないですか?
5歳児がプログラミングを理解できちゃうんですよ。
意味がわかりません。

そして、中学生が相場20万円くらいの案件をこなすことも
今の時代珍しくなくなっているんですよ。

昔は、小学生や中学生の習い事として、
ピアノや習字、スイミングスクール、
塾などが多かったですが、

現在では、プログラミングスクールに
通わせている親が多いようです。

その結果、
中学生でも20、30万円くらいの案件を
いとも簡単にこなすような例も出始めているんですね。

で、そう思うとブログとか誰でもできるわけで、
小学生でも稼げる子なんてザクザク出てくるだろうなぁ。
って、思います。

今どんなゲームが流行っているかって、
わからないのですが、、、

私の子供の頃は、
「ポケモン、遊戯王、デジモン、ガッシュ」
などが流行っていました。

そうした時に、
私だったらポケモンの攻略サイトとかを作りますね。
小学生でも簡単に作れてしまいます。

ブログを作って、
そこで、ゲームを楽しみながら攻略法を
動画でアップしたり、文章としてまとめます。

そうしたら、それを見た違う小学生が、
アドセンスをクリックしてくれて、
お金が入ることもあるだろうし、

ゲームをレビューしたら、
そこから、ゲームが売れて稼げたりするわけです。

そう思うと、
子供の方が稼ぎやすいですよね。

攻略法のサイトを必死に作る大人よりも、
純粋にゲームを楽しんでいる小学生がサイトを作った方が、
全然面白いものが作れそうです。

しかも、小学生であれば、
それを「仕事」として捉えるのではなく、
「遊び」として捉えてブログも作れる。

そういう遊びを子供の頃から体験できたら、
将来、大人になった時にめっちゃ役立っていいなぁ。
って、思います。

もし、私が親で子供がいたら、
子供にゲームをさせながら「攻略法のサイト」とか
「ゲームのレビューサイト」とかを作らせますね。

そういう経験をしていたら、絶対に将来役に立つでしょ。

頭良い子が育つだろうし、
将来すごい大人になりそうじゃないですか。

遊びながらビジネスを学ばせるなぁ。
いいな、今の子供は楽しいことがいっぱいできる時代で。

私も負けじと、学んで遊びまくるぞ!
ちなみに、
こちらが他のおすすめの記事です。

億の世界を見てきた

外注化を初めて3ヶ月目で5人を10円で雇った話

【初心者が一番最初にやること】自動収益が発生する仕組みの秘密とアフィリエイト

 

 

 【下記画像をクリックして、ゆりのメルマガを読んでみる!】

プロフ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です