竜泉寺の湯とラクーアから学ぶマーケティング


どうもこんにちは、ゆりです。
去年からラクーアと竜泉寺に行くようになったのですが、
今年もやっぱりドハマりしています。

私は、昔から温泉が好きで小学生の頃からよく行っていたのですが、
最近のスパはすごくて、めっちゃ居心地がいいし、
Wifiあるし、電源あるしで、ゆったりしながら仕事に使うのでも、
最高の環境なんですよね。

私は起業してからマーケティングの視点を鍛えてきました。
そんな私が今日は、「ラクーアと竜泉寺の湯」について、
マーケの視点で解説していこうと思います。

ちなみにこんなとこ!

竜泉寺の湯)画像引用:竜泉寺公式ページ

スクリーンショット 2017-01-14 3.42.35


ラクーア)画像引用:ラクーア公式ページ

スクリーンショット 2017-01-14 3.47.39
 

マーケティングとは?

まず大大大前提として、これは知らないとヤバいですね。

マーケティングというのは
「人やモノを生かす技術」のことであり、
「モノが売れる仕組みを作る」ということ。

仕組みを作る際にも、
「お客さんに売るのではなく、お客さんに買わせてください!」
と言わせる仕組みを作ることですね。

それが、マーケティングです。

で、私はお客さんに買わせてください!
と言ってもらえる仕組みを作るために「人やモノの良さや魅力」
を最大限に引き出すということをやっています。

例えばお客さんに、
商品を購入してもらいやすくするために、
購入までのハードルを下げたり、
コピーライティングを使って興味を持たせたり、
気温や室温を調節して欲求を作ったり、
付加価値をつけたりして、

お客さんが購入しやすくするための仕組みを作ります。

マーケティングを学ぶのに、
すごくいい例が2つあったので、動画を作りました。
今回は、「ラクーアと竜泉寺の湯」という具体例から学びます。

この動画では、
実際にリアル店舗でどのように
マーケティングが使われているのかわかります。

抽象的に「買いたくさせる仕組みをつくることだよ」
と言われてもわからないと思うので、

こういうのは、実例から見ていくのが大事なんですよ。
なので、具体的な事例として学んで頂こうと思います。

ちなみにこれは、実際有料級の内容を喋っています。
なので、マーケティングの本質がかなり学べるものになっています。

私の仕事はマーケティングですから、
マーケターがどのように世界を見てるのか体感してもらいたいし、

「仕掛ける側の意図」
をこれでもか!と、言うほど解説しているので、
楽しんで聞いてもらえればと思います。

ぜひ、何度も何度も聞いて
この視点を身につけてもらいたいですね。

こういう風に、世界が見えるようになると、
日常のすべてが学びになっていきます。



あ、ちなみに、最初に
「ラクーアと竜泉寺の湯」のイメージ作るために、
ホームページをみて、どんなところなんだろう?
って、ビジュアルを掴んでからの方がいいです。

最初に、上にある2枚の画像を見たことで
ある程度、どんなところかイメージが掴めたと思いますが、

どんな雰囲気なのかを把握しているのと、
把握せずに見るのとでは、
大分印象が違いますし、頭に入りやすくなるので、
ぜひ、ホームページを見てから動画見てみてください。

ではでは!

今日はこの辺で!
ゆりでした。

おすすめの記事です。

億の世界を見てきた

外注化を初めて3ヶ月目で5人を10円で雇った話

【初心者が一番最初にやること】自動収益が発生する仕組みの秘密とアフィリエイト

PS.メルマガでは「ビジネス&外注化」について語っています!
→「ビジネスは仕組みがすべて」を受講する

 【下記画像をクリックして、ゆりのメルマガを読んでみる!】

プロフ


2 件のコメント

  • ゆりさん、お疲れ様です。

    学べて楽しめる
    素敵な動画をありがとうございました。^^


    ラクーアと竜泉寺の湯
    に行ってみたくなりました。


    が、
    残念ながら大阪住みなので、
    すぐには行けませんけど。(笑)


    でも、大阪にはスパワールドという
    巨大な温泉施設があります。


    まさに、今回ゆりさんが話されていた
    リストバンドや異世界感といった仕組みが満載です。


    なのでとりあえず、
    近場のスパワールドに行って勉強してきます。


    自分のコンテンツをテーマパーク化できれば無敵ですね。^^

    • 古川さんこんにちは!
      ありがとうございます。

      一度こうやってマーケティングの仕組みで、
      「世の中をみれる」ようになると、パッと世界が変わります。

      こういう仕組みは電車の中にも、
      スーパーの中にも、温泉でも色んなところに隠されているので、
      こうやって日常の中から観察して、
      自分のコンテンツに入れると面白くなりますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です