元グルメライターの私が今からグルメサイトを作るならどう考える?


どうもこんにちは、ゆりです。

実は私は、今年の9 〜11月の3ヶ月の間会社に勤めていました。

仕組みを作った私は
家でゴロゴロするのに疲れ、
副業OKの会社で3ヶ月ほど働いていたんです。

今は辞めてしまって、また経営者に戻りましたけどねw

で、今年の9月28日に私が働いていた会社の
「新規グルメメディア」がリリースされたのですが、

そこで私は、メディアリリースの経験をしたり
カメラマンやデザイナーさんと一緒に取材に行ったり
マーケターやエンジニアさんと企画の打ち合わせをしたり

食レポを必死でやったりと様々な経験をさせてもらって
貴重で楽しい経験を沢山させてもらいました。

その話はまた今度するとして、

今回はそんな
元グルメライターが今からグルメサイトを作るなら
どう考えて作っていくか?
というような話をしていこうかなと思います。

というのもですね、
私はこういうシュミレーションが超好きです!

色々考えて妄想するのが楽しい!!

どうすれば儲かるかな?
どんなビジネスが単価高いかな?
どうすれば巡回する仕組みが作れるかな?

と、色々考えるとアドレナリンがばんばん出ます。

私が行っていた会社は
大手企業なので広告とかバンバン打っていました。

いいですよね〜
予算がひと月に1000万円

まあ、効果的にお金を使えている感じはしなかったですけど・・・。

食べログやぐるなび、Rettyとかがライバル。

戦略的には
食レポして店名でSEO記事を書きつつ
リスティング、FB、Twtterで広告を回して
Twitterやインスタでフォロワーを増やしてアクセスを流す
みたいなことをしていましたね。

ただ、私とやっていることが同じすぎて
何の新鮮味もなくてびっくりしたなw

個人も大手も変わらないんだなという印象です。
違うのは規模感と掛けられるお金だけでした。

むしろ、ファン化させる仕組みがないので、
うーむ、これだとな〜。
どうしたものかな〜と凄くモヤモヤしていました。

まあ、それは置いておいて、
今から個人でできる戦略を色々と仮説を立てていきますね。

もし私がグルメサイトを作るとしたらです。

まず、サイトを作る時のベースは市場リサーチです。

最初にどのくらいの潜在顧客がいるのか?
というのを調べていきます。

グルメのサイトだと調べにくいのですが、
例えば、糖質制限のサイトを作りたいなと思った時に、
キーワードプランナーを使って、
どのくらいのボリュームがあるのか?を調べていきます。

せっかく、サイトを作るのに需要がなかったら
いくら記事を書いても人は集まりません。

なので、どのくらいの需要があるのか?
何万人くらいいるんだろう?って
私は最初にリサーチして頭に入れておきます。

あとは、そこでいくら落としてくれる人がいるのか?とかね。
顧客を一人獲得した時の客単や市場規模。

例えば、受験市場であれば1兆円の市場規模があるわけで、
一人あたりの塾代の平均は約50万円程度ですね。

そう見ると、受験市場は高単価ビジネスなので、
非常においしいというのがわかりますよね。

で、グルメの市場規模だと大体15兆とか。

グルメでお金を取るのであれば、
送客ビジネスや、広告ビジネスが一般的です。

送客だと1件700円程度なので、
薄利多売だなとわかります。

ですが、調べる人が異常に多いので儲かるわけです。

そして広告枠だったらPVさえ集まれば
1ヶ月10万円とかで企業に売れたりする。
まあ、アドセンスが無難ですけどね。

で、グルメ市場をリサーチすると
いろんな単語が出てきます。

食べログ
ぐるなび
Retty
レストラン
バル
居酒屋
個室
カップル
新宿
山手線
口コミ
星5つ
ランキング
ランチ
食べ放題
叙々苑
韓国料理
フォーリンデブ
クワトロ
ほねつきかるべ

「フォーリンデブ、クワトロ、ほねつきかるべ」
はグルメ業界の中では有名なブロガーで、

食べログの口コミを見ていると、
大体出てきます。

じゃあ、一体どんなブランディングしているんだろう?
と見ていきます。

すると、フォーリンデブの人は「肉」をメインに情報発信してるんだなぁ。
ということがわかります。

じゃあ、こういう人達を真似て、
グルメサイトに口コミを書いて、
そこからアクセス引っ張ってくればいいじゃん。

寿司専門、カレー専門、馬肉専門に情報発信をする。
なんでも専門家になれます。
何かに特化すれば人は集まります。

寿司というのもブランドだし、カレーもブランド、馬肉もブランドです。

「寿司、カレー、馬肉」という
ブランドを借りて集客できるわけですね。

もちろん、需要があるかどうかは大事で、
しっかりと最初に調べないとですけれど。

そして、せっかく
食べログに人が集まっているわけだから、
その元々アクセスある所を活かす、
他人の池から自分の池にお客さんを連れてくる。

プラットフォームをどんどん利用する。

あと、グルメサイトでアドセンスをするのあれば、
例えば、新宿特化とかいいかもね。

「新宿 ランチ」
このキーワードだけでも非常に検索ボリュームは多い。

だって、大体お店を決める時って
「新宿✖️ 焼肉」とかで検索しますからね。

だから、その地域に特化したサイトが作ればアクセスはきます。
地域に特化されているグルメサイトとかあまりないし。

そして、こういうことも外注化できるかもな〜
とか、考えるわけです。

あとは、焼肉とか平気で客単1万円越えるのがあったり、
寿司なんてもっとすごくて
銀座とか行くと平気で3万円くらいのお店が沢山ある。

会員制のお寿司屋さんがあったり、
有名人ばかり来るお店、紹介してもらわないと入れない店があるらしい。

アンジャッシュ渡部クラスの「グルメマニア」になると、
1ヶ月に10〜50万円とか普通に食事に使うんだなとか。
ちなみに、グルメマニアはやばいです。

なんか、もう半端ない。

私がビジネスを教えている方で
超グルメ通で1年に700食以上食べにお店に行って
日本全国のお店を制覇したい!と言っている方がいるのですが、
その方によると

予約の中々とれないお店を取るために、
1日に500回とか1000回とか平気で電話かけているらしいのですよ。

毎月予約が取れる日があって、
その日は会社を休んで朝から電話をかけ続ける。

もう、気合がハンパない!

それでも1年行けないお店も平気であるようで、
なんだかすごい世界だなぁと、感心してしまいます。

美味しいものを食べるって大変なんだ。

で、こういうことを聞くと非常に需要を感じるわけです。

予約とれないお店にどうしても行きたい人がいる
=そこに需要がある

じゃあ、そういう需要をうまく拾えないかな?
とか、有名店Aに行きたい人は有名店Bにも行きたいのでは?

って考えたり。

じゃあ、こういう人達が集まるコミュニティを作れれば面白いよね。
普通の人が知れない「レア」な情報が集まるコミュニティとか。

そういうことが考えられる。

あとは、美味しいものを求めている人って他にどんな価値観を持ってるのかな?
って、考えたりします。

例えば、

美味しいものを求める
→3万円のお寿司屋さんに普通にいける
→生活に余裕があるのかも
→お金持ちが多い
→お金持ちは「教育、健康、受験、ビジネス、ブランド、美術芸術、医療、恋愛」
とかに興味あるよね。

って、仮設を立てて

じゃあ、有名店で集客して、そのリストに対して、
「恋愛」のコンテンツが売れたりするかもしれない、とかね。

「グルメ✖️ 恋愛」とか相性良さそうじゃないですか?

これだったら、
お金持ちじゃなくても全然売れそうですね!

で、お金持ちだからって
「恋愛に困っていない」わけではないです。

むしろ困っている!!!

大企業に勤める年収1000万円の人とか、
医者とか弁護士とか。
お金はあるけど、彼女いないとか絶対にあります!

で、そういう人たちはお金を使うところがない。
じゃあ、何に使っているのか、、、

グルメーーーー!!!

みたいな。
妄想ですが、絶対ありますよね。

だったら、そこで集客してお金持ちを集めて
「グルメ✖️ 恋愛コンテンツ」を販売するとか。

そして、その人たちに
美味しいお店と女性の攻略法をセットで教えるとかね。

本当に美味しい料理✖️モテる方法
=満足度が高まる

あとは、合コンを開くのもありですね。
お金は持っているんだから、マッチングしてあげればいい。

美味しいご飯を食べたい女性は多くいます。
婚活サイトに登録して女性を探すより全然いいですよ。

そうやってコミュニティを作ったりする。
で、お金持ち相手だから 高単価でも商品が売れる。

みたいなことが考えられるわけです。

もちろん、良い商品を売るということが前提ですよ!

そして、恋愛のコンテンツを作るって思った時に、
自分自身、恋愛が得意ではないのであれば、
専門家を引っ張ってくればいいし、

専門家が周りにいないのであれば、
自分をブランディングすることも全然できます。

だって、本を読めばいいだけです。
本を読むということは、先人の知恵を借りるということです。

先人たちの知恵を借りることができるのですよ!

恋愛の本を100冊くらい買って、読みまくる。
そして、実際に試して見る。

これはいけたー、こういう反応されるのかー。
そして、コンテンツを作る。

恋愛商材を実際に買ってやってみればいいのですよ。

1ヶ月とか本気で実践すれば、かなり変わります。
そうしたら、情報発信できます。

あれですね。
私も1つ恋愛商材というものを買ってみたことあるんですよw

結構面白くて、
恋愛心理学は学んでおいて損はなかったです。

普通にあれやれば心を掴めると思いました。

とまあ、こんな感じで考えていくと、
オリジナルのものが生まれるわけです。

あとは、グルメにもトレンドがあって、
冬はおでんやラーメン、鍋など温かいものがやっぱり好まれるし、
夏はかき氷とかカレーとかが調べられるなーとか。

グルメは基本いつでも調べられているけれど、
定期的なトレンドもしっかりあるし、
夏の時期は、かき氷店に行列が出来て3時間待ちとかもあるらしい。

あとは、今年はローストビーフ丼が流行ったり、
パクチーも流行ったなとか。

グルメのイベントもあるな。
立川で万博もやっていたし、テレビでやればトレンドで上がるな。

とかとか、トレンドという軸で考えることができる。
アドセンスやれば良さげですよね。

他には、食材にもブランドがあって、地理で決まったりもするなとか。
夕張メロン、あきたこまち、神戸ビーフ、松坂牛

じゃあ、何かをブランディングしてみるのもいいかも。
自分のネットショップを立ち上げて、ブランディングするのもあり。

ちょっと、グルメだと難しそうだけど。
これはまあ、単価が高いものの方がいいかな。

まあ、一番楽なのは「ASPで商品を探す」ことですけどね。
これが一番楽です。

商品があるので、それを売ればいいだけですから。

まあ、こんな感じで今さらっと調べましたけど、
これを、3日とかリサーチすればかなり色々出てきます。

結局リサーチが一番大事です!
リサーチで全て決まりますから。

いろんな可能性を考えてみるのが大事で、いろんな軸を使って考えてみる。

トレンドで考えたり、
コミュニティで考えたり、
ブランドで考えたりとかね。

理想なのは興味が持てる分野で調べることですね!

私だったら、
今はダイエットや美容系に興味があるし、
あとは医療、健康とか、歴史、宗教、恋愛とかかな。

この辺は非常に興味あるな〜。

だから、もし私がサイトを作るのであれば、
この辺を絡めながらサイトを作りたいなって思いますね。

それか、自分が悩んでいること!
もう自分がターゲットになるので作りやすいです。

あとは、趣味だったり、自分が得意なこと。
特技や知識があるところとかですかね。

まあ、なんでもいけるということですよ。
しっかりと調べればね!

リサーチして、ひたすらコンテンツを作る。
それだけですねー。

色々と飛びましたが、
こうやって考えてみることでかなり見えてくる所があると思いますよ。

ということで、今日はこの辺で!
ゆりでした。

 

この記事も人気ですー!

ネットビジネスの忘年会で感動した話と価値の話

ネットビジネスの可能性とカフェのコンサル

【初心者が一番最初にやること】自動収益が発生する仕組みの秘密とアフィリエイト

 【下記画像をクリックして、ゆりのメルマガを読んでみる!】

プロフ


1 個のコメント

  • ゆりさん

    お世話になっております田中誠です。

    今回の記事ではゆりさんが
    「今からグルメサイトを作るならどう考える?」という内容でしたが、
    日頃から自分でシュミレーションするということは重要なんだと思いました。

    ゆりさんのように日頃から

    「どうすれば儲かるかな?
    どんなビジネスが単価高いかな?
    どうすれば巡回する仕組みが作れるかな?」

    という事を考えられていれば、
    毎日の生活の中でビジネス思考が鍛えられるはずです。

    そのように毎日アンテナを張っている状態で、
    日常を過ごしたらピンとくるものが出てくると思います。

    後は記事に書いてあったようにピンときた事に対して
    リサーチをひたすらしてコンテンツを作るということをしていけばいいのかと。

    自分はパソコンに向かっている時にしか、
    考えるということをちゃんとしてなかったので
    毎日の生活から思考を鍛えていくようにいたします。

    今回もありがとうございました!
    以上となります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です