Menu
Close 

      2017/02/03

「大学に行く目的も、行く意味も感じない。」という高校生への解答

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2015年からビジネスを始め24歳の時に月収100万円を達成!その後収益は伸び続け年収も8桁を超える。得意分野は「仕組み作り」と「外注化」で人を雇ってネット上に資産を作って伸び伸び自由に暮らしている。2記事しか入っていないサイトから50万円以上の利益を得たり、1つのアフィリエイト商品を600万円ほど売ったりしている。普段はダラダラしているがたまに本気を出して1ヶ月で1000コンテンツを作ったりして仕組みから収益を得ている人。<<メルマガの中でノウハウも公開中>>
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

どうもこんにちは、ゆりです。
私は偏差値50台の中堅大学を卒業して、
現在は起業して自分でビジネスをしています。

私は、大学を卒業して1度就職しましたが、
その後、インターネットビジネスの可能性に出会い、
会社を辞めて起業しました。

そんな私は、Youtubeでビジネスセミナーをしています。

そこで、現役の高校生から
「大学に行くかどうか迷う。」
「行く意味を感じない。」という質問が寄せられたので、
それに対する私の個人的見解を述べていこうと思います。

本当に大学に行く意味はあるのか?

私も高校生の時、大学に行くことに悩みました。
「大学に行きたい理由」がなかったからです。

行きたい理由がなかった私ですが、
大学進学を選びました。

実際に、大学に入ってみてわかったことは、
中堅大学よりも下に行くのであれば、
「入っても入らなくても一緒」ということ。

悲しい現実を伝えてしまうと、
日東駒専レベルであれば行く意味を感じません。

というのも、
大学に行く理由であげられることとして
よく「就活のため」というものがありますが、、、

実際に私が就活をしていて感じたことは
「学歴フィルター」が存在するということ。

中堅大学に通っていた私は、
その学歴フィルターをもろに感じました。

学生が就活をする際には、
希望の企業にエントリーするのですが、
MARCH以下の大学になると、
大手企業にエントリーすらできません。

というのも、
就活の際にはこのような流れになっています。

ーーーーーーーーーーーーーー

行きたい企業の説明会を予約

説明会に参加

エントリーシートを提出

面接

内定

ーーーーーーーーーーーーーー

なのですが、
まず、企業の説明会の予約をする時点で、
MARCH以下の大学は弾かれることが多いです。

どういうことかというと、
企業から説明会の日程のメールが送られてきて、
それを見て空いている枠を予約するのですが、

メールが送られてきた瞬間に開いたとしても
「満席」「満席」「満席」「満席」

と、すべて満席で
説明会に申し込むことすらできないのです。

ですが、実際に満席なのか?
というと実際に違います。

というのも、私は就活の際に
就活シェアハウスというところで
23人で暮らしていたのですが、

そこに暮らしていた人の中には、
早稲田や同志社、京大、東北大のような、
学歴の高い大学の人がたくさんいました。

で、その人たちは申し込むことができていたんです。

同じタイミングで見た時に、明らかに違うのですよ。
私は、これを見た時に学歴の実態を理解しました。

こういう経験もあり、
「大手企業に入りたい」「有名企業に入りたい」
ということであれば、MARCH以上の大学に入らなければ、

大学を卒業したところで、
行きたい企業のきっぷすら手に入れることはできません。

大学の名前で、一瞬で落とされてしまいます。

だから、私のような中堅大学を卒業した人には、
学歴が高い人たちの余り物しか回ってこないんですよ。

なので、私は大学に行くのであれば、
せめてMARCH以上の大学に入れるように
戦略的に勉強していくべきだなと思います。

そうではないともったいないです。

高い学費を払って大学を卒業したとしても、
その後には「奨学金の返済」という地獄が待っていますから。

私の友人も300万円の奨学金の借金をして、
大学に行きましたが、
現在、毎月3万円払いながら社会人生活を送っています。

私の友達は10年間、
毎月3万円を払い続けながら会社に行かなければいけません。

10年間ですよ、10年間。

だから、私の友達は大学時代に遊んで、
何も勉強をしてこなかったことを後悔しています。

「もっとあの時勉強しておけばよかった・・・」

そういう友人の声を聞くと、
本当にMARCH以下の大学に行く意味ってあるのか?
って、考えた時に

私は、現実的に考えてしまうので、
「ない」と思ってしまうのですよね。

MARCH以下の大学に通うのであれば、
私だったら、起業するなぁって。

そもそも、東大や早慶を出ていないと、
会社に入っても「昇進」ができませんからね。

会社に入ったとしても「序列」があります。
それは、有名企業であればあるほど根深いです。

会社に入った瞬間に
「勝ち組と負け組」にわかれるということです。

そんな私の場合は、
新卒3ヶ月目に会社を辞めて、起業という道を選びました。

私は起業して正解だったと思っているし、
MARCH以下の大学を出るのであれば、
人生を大逆転する道は「起業」しかないと思っています。

実際私は、起業して
1年で月収50万円以上を達成して、
同年代の「東大、早慶」を卒業した人達よりも稼げるようになりましたし。

会社に入れば
学歴コンプレックスを感じますが、
起業すれば「学歴のない世界」で戦うことができます。

そして、起業の世界では、
中卒や高卒の人がゴロゴロいて、
大学に入っていない人の方が稼いでいる印象すらあります。

大学に行く目的は何?大学は本当に楽しいのか?

大学は楽しいか?と良く聞かれます。
で、私の場合は普通に楽しかったです。

キャンパスライフを満喫できたと思います。

大学生らしく「鍋パ」「タコパ」「飲み会」
そういうものに片っ端から参加して、
うぇいうぇいしていました。

恋愛も普通にしていましたし、
大学のキャンパスライフは、普通に楽しかったです。

あとは、私は軽音部に入っていたので、
そこでできた友達と、バンドをしていました。

それから
「カンボジア、ベトナム、タイ、ハワイ、韓国」
などに大学時代に遊びに行って
色んな世界を知れたのは楽しかったですね。

あとは、アルバイトを色々経験したりもしました。
5個くらいやったかなぁ。
色んな経験をできたと言ったらできたという感じです。

こんな感じで、
4年間という時間が入るので、
確かに楽しい時間ではありました。。。

ですが、2年でよかったなぁ。

2年大学に通って、
飽き飽きしていました。

確かに楽しいんですけどね。

ただ、そのためだけに大学に行く価値があるのか?
と、聞かれた時には答えに詰まります。

楽しい思い出はできますけどね。

暇な時間ができるのはメリットではある

そうはいっても、
別に大学を真っ向から否定するわけではありません。

選択はどちらでもいいと思うのですよ。
だって「選択」は選択にすぎないから。

選択をした上で、その選択した先をより良くするのは、
自分でしかないですからね。

大学に入ってからが勝負なわけですよ。
そこから、どんな人生を生きるかは自分次第。

それは、大学に行かないという選択肢を取った人にも言えて、
後悔しない人生を歩めればいいと思うんですよ。

どちらにしてもね。

私は、大学に行ってよかったなって思ってるし
行ったことを後悔していません。

でも、だからと言って
もし大学に行かなかったとしても後悔してないと思う。

私はどちらを選択していたとしても、
きっと、満足するような行動を取っていたと思うから。

結局は、選択した先の未来を
どう自分が切り開けるかだし、色々考えて自分が後悔しない選択をすればいいと思うんですよね。

で、もし大学に行くのであれば、
私はその時間を使って「自分でお金を稼ぐ」ということを、
ぜひ経験してもらいたいと思う。

「お金を自分で稼ぐ」という経験を積んでいれば、
将来、会社が嫌だ。ってなった時でも
自分の選択肢の幅が簡単に広がるから。

私が一番やってよかったなと思っているのが、
やっぱり起業したことなんですよね。

起業といっても簡単なことなんですけどね。

でも、私はお客さんに「ありがとう」と言われる経験をして、
すごく感動しました。

仕事って、人にありがとう。
と言ってもらえるためにあるんだなと。
そう気付けたのがすごくよかったです。

自分で0からお金を生む経験をすると、
本当にお金のありがたみがわかりますからね。

ぜひオススメですね。

ということで、まとめると
自分の人生は選択の先にあるということです。

大学に行った時のメリット・デメリットを知って、
自分の中で腑に落として、自分の人生を生きてもらえればなと。

ということで今日はこの辺で!
ゆりでした。

 

ちなみに、私はこのブログで、
起業した時からのことを語っています。

大学に行くかどうか迷っているなら、
起業という選択肢を視野に入れるのもありです。

外注化を初めて3ヶ月目で5人を10円で雇った話

【初心者が一番最初にやること】自動収益が発生する仕組みの秘密とアフィリエイト

PS.起業の方法はメルマガの中でも語っています。
→「ビジネス仕組みが全て」ゆりの無料講座で学ぶ

 
PS.
仕組み作りの方法などより濃密な内容は
メルマガの中で語っているので
よかったら登録していただければと思います!
 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。
また、メール講座の中でお会いしましょう。

→ゆりのビジネス講座を無料購読で
「仕組みのビジネスモデル」を解説したレポートをプレゼント



★メルマガ登録はこちら★







この記事を書いている人 - WRITER -
2015年からビジネスを始め24歳の時に月収100万円を達成!その後収益は伸び続け年収も8桁を超える。得意分野は「仕組み作り」と「外注化」で人を雇ってネット上に資産を作って伸び伸び自由に暮らしている。2記事しか入っていないサイトから50万円以上の利益を得たり、1つのアフィリエイト商品を600万円ほど売ったりしている。普段はダラダラしているがたまに本気を出して1ヶ月で1000コンテンツを作ったりして仕組みから収益を得ている人。<<メルマガの中でノウハウも公開中>>
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2018/05/21
ゆりのプロフィール
  2018/05/21
1日で作った2記事しか入ってないサイトが150万円以上で売れるって知ってた?
  2018/05/21
外注化を初めて3ヶ月目で5人を10円で雇った話
  2018/05/21
外注化したい方必見!外注化記事まとめ
  2018/05/21
成功する人の基準値を刻ませてもらった時の話!一瞬の判断で全てが決まる
  2018/05/21
これがエグゼクティブの世界か!リアル峰不二子に出会って60万円の洋服を試着して世界が変わった話
  2018/05/21
人生はいつ何があるかわからない、だから自分の周りの人を守れる力を付けよう!
  2018/05/21
元グルメライターの私が今からグルメサイトを作るならどう考える?
  2018/05/21
常識を疑え!私は「エロ祭り」から常識を疑うことを学んだ
  2018/05/21
ドナルド・トランプとカフェから学ぶ「ブランド戦略」
  2018/05/21
居場所がなくていつも孤独だった私がビジネスを始めたら人生変わった
  2018/05/21
経営者や億万長者との人脈の作り方!仲良くなれば芋づる式、だからまずは実力を磨け。
  2018/05/21
40億の借金を背負ったサラリーマンから学ぶ「勉強すること」の大切さ
  2018/05/21
銀座でホステスのスカウト業をされていた経営者から学ぶ「破滅へのロンド」と過去の私ナイス!
  2018/05/21
成約率100%のセールスマンはセミナーで催眠術を使っていた
  2018/05/21
豊富秀吉が作った聚楽亭から学ぶ「力」とネットの可能性について
  2018/05/21
25年間怖くてビビって海に入るのが苦手だった私がビジネスを始めたら「人生楽しめる」ようになった!
  2018/05/21
ゆりの外注化企画「外注化無双の懇親会」を開催しました!
  2017/04/10
中学生でも小学生でもインターネットビジネスでお金を稼げる時代
  2017/04/04
退職お祝い!3月31日を持って父親が退職しました。おつかれさま!
  2017/02/02
50代でも起業できる!53歳の母親も家で起業したってよ。
  2016/12/31
人見知りコミュ障が経営者になったらコミュ障克服できて人生変わった話
  2016/04/29
キャバクラに行き男気じゃんけんで1日200万円!億の世界を見てきた
 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネスは仕組みがすべて , 2016 All Rights Reserved.