Menu
Close 

      2017/01/01

アパレルショップの店員さんから学ぶ「型」の重要性

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2015年からビジネスを始め24歳の時に月収100万円を達成!その後収益は伸び続け年収も8桁を超える。得意分野は「仕組み作り」と「外注化」で人を雇ってネット上に資産を作って伸び伸び自由に暮らしている。2記事しか入っていないサイトから50万円以上の利益を得たり、1つのアフィリエイト商品を600万円ほど売ったりしている。普段はダラダラしているがたまに本気を出して1ヶ月で1000コンテンツを作ったりして仕組みから収益を得ている人。<<メルマガの中でノウハウも公開中>>
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

どうもこんにちは、ゆりです!

寒くなってきたので、この前洋服を買いに行ってきました。
洋服が増えて嬉しいです。

でも私は、オシャレというものが全くわからないんですよね。
だから、いつも店員さんに頼って購入しています。

「白いパンツ欲しいんですが、これ何と合いますー?」
そんな風に、試着室の中で店員さんにアドバイスをもらっています。

今回は、パンツだけ自分で選んで、あとは店員さんに聞きました。

で、おすすめしてもらったものを、まとめて一気に買うのが恒例。
今回も、3万円分くらい一気にどさっと買いました。

そんな私に、今回店員さんが服選びの「型」を伝授してくれました。
そして、そのおかげで、洋服選びが超楽になりました。

今日はそんな服の型のお話です。

私はこれまで、お洒落という「感覚」が全然わかりませんでした。

普通、お洒落な人って、
感覚で「これ」と「これ」は似合う!!!というのが、わかるんですよね。

ですが、私にはその感覚が全くありません。

その代わりにあったのが、トンチンカンな感覚。

私は大学生の頃、「ボーダーのパーカーに、ボーダーのカバンを合わせる」というような最先端のスタイルで大学構内を歩いていました。

ボーダー×ボーダー

いやいやいや、ダサすぎますね。
普通にダサすぎますね。

その頃の私は「ボーダーのパーカーに、ボーダーのカバンを合わせる」のがダサいという「感覚」がわからず、ダサい格好で大学をウロウロしていました。

(ああああ、恥ずかしい。。。)

でも、私はそんな風に、お洒落という「感覚」が理解できずにいたんです。

雑誌を見ると「色んな服の組み合わせ」が載っていて、それを見ていると自分でも「素敵な服の組み合わせ」ができるような気がしてくる。

その状態でお店に行くと、現実に引き戻されます、、、

雑誌に載っている服の組み合わせと、実際に店頭に置いてある洋服が違うから、結局迷う。
そして、迷走する。

「一体何が可愛いんだろう・・・。」

「何と何を合わせればセンスがいいと言うのかわからない。」

昔の私は見ている雑誌から、お洒落に必要な「要素」を抜き出す力がなかったんですよね。

要は、抽象度を上げて考えるということができずにいた。
お洒落の要素、すなわち「共通点」を見つけ出す能力が低かったんです。

雑誌には1つ1つ、「おしゃれコーデ」という名の、具体的な組み合わせが載っていて、お洒落の「正解」が書いてあります。

ですが私は、抽象度が低かったために、その雑誌を上手く使いこなして、自分でおしゃれな組み合わせを作ることができなかった。

お洒落になるための、「型」を抜き出すことができなかったんです。

だから私のコーデは、なんかダサい。

いつもお店に行って、あれ、、、雑誌をみたはずなんだけどな。。。となる。

さらに、お店にある商品は、雑誌に載っていたものと違うから、いざ自分で組み合わせようとするとわからないよ〜となる。

とりあえず、無難な色を無難に合わせておけばいいか。
そんな感じで選ぶと、紺とかグレーの洋服ばかりが増えていく。

お洒落になりたいのになれない、そんなモヤモヤ感に苛まれていました。

そんな私が、今回店員さんに「お洒落な着こなしをするにはどうすればいいんですか?」
と聞いたわけです。

そうしたらある技を伝授してくれました。

それが、「3色の法則」というものです。

「3色の法則というのは、3色使ってコーデをするとお洒落になる」という法則の事です。

例えば「赤、白、紺」で合わせるように、3色使って洋服を考えるとバランスが良くなるんです。

とりあえず、「パンツを白にしたら、靴を紺にして、トップスを赤にする。」
これだけで、お洒落になれる。

1つベースとなるもの決めて、そこに違う2色を足していくとお洒落に見えるのです。

もう、この型を知っているだけで、毎朝の洋服選びに迷う必要がなくなりますよね。
型を知っているだけで、超楽になります。

なんてありがたいんだーー!!!

この型を伝授してくれた店員さんありがとう!!!
これだけで、生活がガラッと変わります。

こんな風に「型」という概念を1つ知っておくだけで、何にでも応用することができます。

どんな分野であっても1つの「型」というベースがあるだけで、全てのものが楽になるわけです。

ビジネスでも、洋服選びでも同じ!!!
まずは、型を知りましょう。

あと、余談ですが、
今言ったこととネットビジネスって、まったく一緒なんですよ!

気づいていました?

抽象度を上げることができなければ、「おしゃれこーで」という正解が目の前にあったとしても、結局それを使いこなすことができません。

「おしゃれこーで」=「ノウハウ」です。

ビジネスと一緒。
ビジネスでも同じで、ノウハウだけ知っていても成功はしませんよね。

抽象度の上げ下げをできるようになり、型を使いこなすことが大事なんです。

抽象度を上げて、型を使いこなす。
これだけで、ビジネスはうまくいくようになりますよ。

ということで、今回は洋服選びからわかる「型」の重要性でした。

今日はこの辺で!
ではでは、ゆりでした。
PS.
仕組み作りの方法などより濃密な内容は
メルマガの中で語っているので
よかったら登録していただければと思います!
 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。
また、メール講座の中でお会いしましょう。

→ゆりのビジネス講座を無料購読で
「仕組みのビジネスモデル」を解説したレポートをプレゼント



★メルマガ登録はこちら★







この記事を書いている人 - WRITER -
2015年からビジネスを始め24歳の時に月収100万円を達成!その後収益は伸び続け年収も8桁を超える。得意分野は「仕組み作り」と「外注化」で人を雇ってネット上に資産を作って伸び伸び自由に暮らしている。2記事しか入っていないサイトから50万円以上の利益を得たり、1つのアフィリエイト商品を600万円ほど売ったりしている。普段はダラダラしているがたまに本気を出して1ヶ月で1000コンテンツを作ったりして仕組みから収益を得ている人。<<メルマガの中でノウハウも公開中>>
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2018/05/21
ゆりのプロフィール
  2018/05/21
1日で作った2記事しか入ってないサイトが150万円以上で売れるって知ってた?
  2018/05/21
外注化を初めて3ヶ月目で5人を10円で雇った話
  2018/05/21
外注化したい方必見!外注化記事まとめ
  2018/05/21
成功する人の基準値を刻ませてもらった時の話!一瞬の判断で全てが決まる
  2018/05/21
これがエグゼクティブの世界か!リアル峰不二子に出会って60万円の洋服を試着して世界が変わった話
  2018/05/21
人生はいつ何があるかわからない、だから自分の周りの人を守れる力を付けよう!
  2018/05/21
経営者や億万長者との人脈の作り方!仲良くなれば芋づる式、だからまずは実力を磨け。
  2018/05/21
40億の借金を背負ったサラリーマンから学ぶ「勉強すること」の大切さ
  2018/05/21
成約率100%のセールスマンはセミナーで催眠術を使っていた
  2018/05/21
銀座でホステスのスカウト業をされていた経営者から学ぶ「破滅へのロンド」と過去の私ナイス!
  2018/05/21
25年間怖くてビビって海に入るのが苦手だった私がビジネスを始めたら「人生楽しめる」ようになった!
  2018/05/21
ゆりの外注化企画「外注化無双の懇親会」を開催しました!
  2018/02/21
居場所がなくていつも孤独だった私がビジネスを始めたら人生変わった
  2017/04/04
退職お祝い!3月31日を持って父親が退職しました。おつかれさま!
  2017/02/03
中学生でも小学生でもインターネットビジネスでお金を稼げる時代
  2017/02/02
50代でも起業できる!53歳の母親も家で起業したってよ。
  2016/12/31
人見知りコミュ障が経営者になったらコミュ障克服できて人生変わった話
  2016/12/23
ドナルド・トランプとカフェから学ぶ「ブランド戦略」
  2016/12/17
元グルメライターの私が今からグルメサイトを作るならどう考える?
  2016/04/29
キャバクラに行き男気じゃんけんで1日200万円!億の世界を見てきた
 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネスは仕組みがすべて , 2016 All Rights Reserved.